6月の静岡県知事選で擁立論が浮上していた浜松市の鈴木康友市長が、出馬を断念したことが関係者への取材でわかりました。

浜松市の鈴木市長を巡っては、自民党や経済界などから知事選出馬を求める声が上がっていました。鈴木市長自身もこれまで出馬の可能性を模索してきましたが、9日に関係者と面会し、最終的に出馬しない考えを伝えたということです。鈴木市長の支援者には行政区再編など浜松市政に専念すべきとの声が強く、出馬を断念せざるを得なかったとみられます。
これで鈴木市長の出馬に期待を寄せていた自民党の候補者選びは振り出しに戻った形です。
一方、現職の川勝平太知事は13日に正式に出馬表明する見通しです。

知事選は6月3日告示、20日投票です。