台風15号で被災した家庭の支援のため、静岡市職員が浸水被害のあった地区を中心に市内全域を対象に個別訪問調査を始めています。

梅田航平記者:「浸水被害が大きかった静岡市清水区の柏尾地区。現在静岡市の担当者が浸水した家を個別に一軒一軒訪問し、被災状況を調査している」

台風15号で浸水被害にあった家庭を中心に必要な支援を行うため、静岡市は7日から個別訪問調査を始めています。市によりますと市内全域およそ1万1400世帯を対象に職員1100人態勢で、1カ月程度をかけて調査する予定です。

近くの川が氾濫したというこちらの地区の住民からは、現在の生活状況や今後への不安が寄せられていました。

静岡市の担当者:「今電気とか使えてますか?」

近隣の住民:「使えているのは洗濯機だけ。エアコンとかもダメで、冷蔵庫もダメに
なっちゃったんで、一応お風呂はギリギリ。トイレはもう使えない。また台風来たら
こうなってっていうのがありますけどね。今後のことですね」

静岡市の担当者:「今後の治水対策とか?」

近隣の住民:「そうですね」

静岡市の担当者:「被災にあった方が一番大変だと思うので、できる限りその方たちが元の生活に戻れるように最善を尽くしていければ」

市によりますと調査終了後は速やかに市による支援のほか、社会福祉協議会や各支援団体などと連携し支援に当たるということです。