サッカーJ3の藤枝MYFCは、13日行われたホーム最終戦の福島戦で快勝し、残り1試合を残して初のJ2昇格をほぼ手中に収めました。

J3残り2節。J2昇格圏・2位の藤枝MYFCは、ホームで福島と対戦。藤枝は前半32分、鈴木惇の浮き球のパスを横山が胸トラップから落ちついて流し込み先制すると、その3分後には、相手のクリアミスを拾った横山がそのまま持ち込みシュート。横山の今季13ゴール目でリードを2点に広げます。

その後、福島に1点を返されますが、後半21分、鈴木惇がミドルシュートを決め突き放します。

このまま3対1で勝利し、勝点を66、得失点を29に伸ばした藤枝。一方、昇格を争う松本が宮崎に1対4で敗れ、代わりに3位に浮上した鹿児島との勝点差が3、得失点差が15開いているため、藤枝が最終節で大差で敗れたり、鹿児島と松本が大量得点で勝利しない限り、藤枝のJ2昇格が決まります。

来シーズンはエスパルスとジュビロのJ2降格が決まっていて、静岡県勢3クラブがJ2を戦うことがほぼ確実となりました。