静岡市葵区の住宅で女性の遺体を放置したとして、60歳の男が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは静岡市葵区大岩の無職の男(60)で、8月上旬ごろ女性が自宅で死亡したにもかかわらず遺体を放置した疑いが持たれています。男は自宅で90歳の母親と2人暮らしで17日夕方、新聞配達員が男宅のポストに郵便物などがたまっていたことから不審に思い、警察に通報し発覚しました。
警察によりますと女性はベッドの上にうつ伏せの状態で発見され、目立った外傷はなかったということです。男は「事実は間違いない」と容疑を認めています。警察は男の母親と連絡が取れていないことなどから、遺体は母親とみて身元の確認を進めています。