露天風呂に入浴中の女性を盗撮したとして逮捕された男2人が、別の場所でも盗撮していたとして再逮捕されました。

再逮捕されたのは茨城県の49歳の無職の男と鹿児島県職員の41歳の男です。

このうち、41歳の鹿児島県職員の男は9月、静岡県内で露天風呂に入浴中の女性を望遠レンズをつけたビデオカメラで撮影した疑いが持たれています。警察によりますと、鹿児島県職員の男は露天風呂から200メートルほど離れた宿泊施設内から犯行に及んだとみられ、前回の逮捕時に押収した動画から犯行場所を特定し、再逮捕に至りました。

また、49歳の無職の男は10月上旬と中旬、神奈川県内の露天風呂に入浴中の女性を、望遠付きのビデオカメラで盗撮した疑いが持たれています。

2人は兵庫県内で盗撮した容疑ですでに逮捕されています。

警察は撮影したデータの利用方法についても、詳しく調べています。