静岡県内では新たに33人が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。浜松市ではオミクロン株陽性者が1人確認されています。

新規感染者は33人で、浜松市が10人、静岡市と清水町が4人、磐田市で2人などです。浜松市の10人は、全員、発症前の14日間に県外で陽性者との接触が確認されていて、いずれも県外で感染したものと見られています。

また、浜松市で初めてオミクロン株の感染者が確認されました。この患者は3日に新型コロナ陽性と診断され、5日三島市の国立遺伝研究所でのゲノム解析でオミクロン株と確定しました。現在、入院中で、軽症だということです。

濃厚接触者は家族ら3人で、いずれも新型コロナ陽性が判明。デルタ株検査では3人のうち2人は陰性、1人は解析ができなかったものの、3人ともオミクロン株に感染している疑いが強いということです。

オミクロン株の確認を受け、鈴木康友市長は感染予防を徹底しつつ、冷静に受け止めるよう求めています。その上で9日の成人式は予定通り実施する方針です。