絶滅の恐れがあるカメを国の許可を得ずに販売したとして逮捕された男性について、静岡地検は不起訴としました。

3月23日付けで不起訴処分となったのは、大阪府八尾市の男性です。男性は国際希少野生動植物に指定されているインドホシガメ10匹を、およそ20万円で販売した疑いで1月に逮捕・送検されていました。インドホシガメは2019年11月から譲渡や販売が原則禁止されています。
静岡地検は不起訴処分とした理由を明らかにしていません。