高校野球静岡大会は26日、決勝戦への切符をかけて4校が激突しました。第1シードの藤枝明誠を倒し、勢いに乗る磐田東は静岡高校と対戦しました。

磐田東の先発は、第1シード藤枝明誠を2失点で完投した背番号11の冨田。ケガで投げられないエース水野の思いを胸に、マウンドに上がります。

【2回ウラ】
冨田に立ちはだかるのは王者・静高打線。1回に2点を失い、2回も2アウト、2塁・1塁のピンチを迎えます。ここで静高の4番・池田のタイムリーで3点をリードされます。

【3回表】
冨田を援護したい打線は3回、先頭の佐野が2塁打。続くバッターは冨田ですが、空振りの三振。後続も内野ゴロに倒れ、チャンスを生かせません。

【4回ウラ】
磐田東の冨田は4回、2アウト2塁1塁とランナーを背負い、静高の5番・高須。ここは三振をとり、粘りのピッチングを見せます。

【6回ウラ】
5回までに104球。それでも冨田はマウンドを守ります。6回、1アウト2塁・1塁で静高の6番・相田。バント処理のミス。自らのエラーで失点。リードを7点に広げられます。

10年ぶりの決勝進出を目指した磐田東でしたが、王者静高にコールドで敗れました。

【結果】磐田東 0−7 静岡高 (7回コールド)