新型コロナウイルスオミクロン株の感染者の濃厚接触者が静岡県内に新たに2人いることがわかりました。いずれも入国時は陰性で現在も体調不良はないということです。

静岡県によりますと、6日判明した国内3例目のオミクロン株の感染者と同じ飛行機で入国した人が静岡県内に2人いることがわかり、濃厚接触者と判断されました。2人は入国時の検査で陰性で、現在も体調不良はありませんが、今後も2日に1回を目安に検査を継続します。

一方、7日県内の新規感染者は4人で、静岡市が2人、浜松市と富士市がそれぞれ1人です。

また、小学校でのクラスター発生を受け、富士市の小長井義正市長は午前の会見で、教育活動中に感染した可能性は低いとした上で、次のように述べました。

富士市
小長井義正市長:「休み時間もマスクをして感染防止対策を徹底するよう指導をしているがちょっとした気の緩みの中で感染してしまったことも考えられる。改めて教育委員会、学校側には感染防止対策を徹底するように私からも強く申し入れをした」