リニア中央新幹線工事を巡る国の有識者会議が開かれ、静岡県内の工事現場の土地を所有する会社が、利水者の合意がないままのトンネル掘削は認められないとの立場を示しました。

国の有識者会議では、南アルプスの生態系への影響など環境保全に関する議論が進んでいます。16日は工事現場の土地を所有する会社である十山(じゅうざん)の社長らが意見を述べました。

その中で十山側は、自然環境の保全をJR東海が順守しているか監視をするとしたうえで、トンネル工事については利水者の合意を得られておらず、掘削は認められないとの立場を示しました。

また静岡県からは、新たにリニア対策本部長に就任した森貴志副知事が初めて出席しました。有識者会議は16日までの議論を踏まえて論点を整理する見通しです。