静岡市清水区の中学校で大量の空き缶がグラウンドに散乱しているのが見つかりました。

6月17日午前7時ごろ、静岡市清水区の清水第八中学校で、空き缶がグラウンドに散乱しているのを、この学校の教師が発見し、警察に通報しました。
警察の調べによりますと、散乱していたのは、学校に袋でまとめて置かれていたジュースの空き缶、およそ100本で、何者かが学校に侵入したとみて、建造物侵入の疑いで調べています。
調べに対し、学校関係者は、16日夕方は空き缶はなかったと話しているため、16日夜から17日朝にかけての犯行とみられています。また、このほかにグランドの掲示板に貼られていたポスターが、燃やされていたということです。この学校では、3月にも体育館の窓ガラス3枚が割られる事件があり、関連についても調べています。