8日、牧之原市の住宅で中国人男性が殺害されているのが見つかった事件で、県警は殺人の疑いで別の中国国籍の男を逮捕しました。

牧之原警察署 戸塚浩之 署長 :「殺人事件捜査本部は本日、中国人男性1人を逮捕しました」

殺人の疑いで逮捕されたのは、中国国籍の46歳の無職の男です。
捜査本部によりますと、容疑者は8日、牧之原市片浜の住宅で中国国籍の41歳の会社員を何らかの方法で殺害した疑いが持たれています。容疑者は、事件後そのまま逃走していましたが、昨夜、2人に付き添われ牧之原警察署に出頭したということです。容疑者は出頭の際、「会社員と争いごとになった」と供述している一方、凶器や殺害の動機などは分かっていません。警察は、容疑者が容疑を認めているか明らかにしていません。