学業などで優秀な成績を収めた大学生に奨学金が贈られることになり、認定証の授与式が
静岡市で行われました。

式典には、奨学金を給付するTOKAIグループ富士山育英財団の関係者と、学生の代表5人が出席しました。
奨学金の対象となるのは、リポートや学業の成績で選ばれた県内の大学生20人で、一人60万円が給付されます。
1991年から始まったこの取り組みは、将来地域社会に貢献する人財の育成が目的で、
今後も続けていくということです。