4月に静岡県掛川市で起きた放火殺人事件で、警察が近く、岐阜県内で遺体で発見された男を殺人と放火の疑いで書類送検する方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかりました。

捜査関係者によりますと、男は4月12日朝、掛川市下西郷の集合住宅の一室で住人の当時31歳の男性を刃物のようなもので刺した後、部屋に火をつけ殺害した疑いが持たれています。

事件の後、岐阜県の山中で現場から走り去ったとみられる黒の軽乗用車が発見され、車内から男の遺体が見つかりました。男の死因は一酸化炭素中毒で、自殺とみられています。男は男性の小学校時代の同級生で、警察は近く容疑者死亡のまま静岡地検浜松支部に書類送検する方針です。