静岡県は長期化する新型コロナ対策と原油や物価の高騰に伴う対策として、総額25億円あまりの補正予算案を発表しました。

5月補正予算案は、一般会計総額25億3900万円で、財源は全て国庫支出金です。主に新型コロナ対策で、「高齢者施設などに向けた感染対策」と「ワクチン接種の推進」の2つを柱とします。
第6波でクラスターが相次いだ高齢者施設や障害者施設での感染者を早期に発見するため、検査キットを配布する費用として、新たに5億1960万円を計上。また、オミクロン株の拡大で自宅療養者が増えていることから、自宅療養者に向けた相談窓口を新たに設置するため、1億4400万円が盛り込まれています。さらに、ワクチンの4回目接種に向けた大規模接種会場の設置・運営費として2億7000万円が計上されています。県によりますと、大規模会場は県内3ヵ所に設置予定で、場所の選定を進めているということです。
一方、物価が高騰する中、低所得のひとり親世帯への特別給付金として、1億1000万円が盛り込まれています。
5月補正予算案は、20日開かれる県議会の臨時会に提出されます。