暖かく湿った空気が流れ込む影響で、静岡県内は大気の状態が不安定となり8日にかけて大雨に注意が必要です。

静岡地方気象台によりますと、県内には高気圧の縁を回り暖かく湿った空気が流れ込むため大気の状態が不安定となり、あす8日にかけて雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨となるところがある見込みです。7日1時間に予想される雨の量は中部・西部で50ミリ、東部・伊豆で40ミリとなっています。
また8日午前6時までの24時間で予想される雨の量は中部・西部で120ミリ、東部・伊豆で100ミリとなっています。

雨雲が予想より発達し停滞した場合には、警報級の大雨となる可能性があるということで、気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに注意を呼び掛けています。