静岡県の川勝平太知事が女性の容姿と学力を結びつけるような発言をした問題をめぐり、自民・公明の女性県議らが抗議文を提出しました。

6日朝、県議会会派・自民改革会議と公明党県議団の女性県議5人が知事室を訪れ、知事の発言に対する抗議文を手渡しました。

抗議文は5人のほかに賛同する市や町の女性議員ら30人の連名で、再度知事の辞職を求めています。

Q.抗議文にどう対応する?
A.「……」

一方、県議会12月定例会は、6日から質問が始まっていて、川勝知事の一連の問題発言について厳しい追及が続いています。