熱海市の土石流災害の発生から3日で1年4カ月です。被災地では遺族らが黙とうを捧げました。

●黙とう〜:

土石流災害の現場となった熱海市伊豆山地区には被災者らが集まり、犠牲者を悼み黙とうを捧げました。

●自宅が全壊した 太田滋さん:
「先月から自分の家を解体して今はさら地になってしまった。誰かと家のことを話すとやっぱり悲しい。」

去年7月熱海市で発生した土石流災害では27人が犠牲になり、太田和子さんの行方が分かっていません。

警察は3日およそ40人態勢で土砂が流れ込んだ伊豆山港などで太田和子さんの捜索を行っています。