静岡県熱海市で発生した土石流災害から1年3カ月が経過しました。
被災地の伊豆山では遺族らが黙とうを捧げ、警察による一斉捜索が行われました。

去年発生した土石流の被災地となった熱海市伊豆山地区では、被災者らが犠牲者を悼み黙とうを捧げました。
この土石流災害では27人が犠牲になり、今も太田和子さんの行方が分かっていません。
伊豆山地区の一部地域は今も警戒区域に指定されていますが、来年の夏までには解除される見通しとなっています。

●自宅が被災した 太田滋さん
「一歩ずつ進んでいけば良いと思うが、もう一度私はみんなの意見を聞いてもらいたい。
なぜこういう事が起こったのか、もう一回きちんと検証してもらいたい」

また伊豆山港では、県警がおよそ40人態勢で水中ドローンなども使って太田和子さんの捜索を行いました。