23日午前、日本の南の海上で台風15号が発生しました。静岡県内では夕方から24日にかけて大雨となる恐れがあります。

日本の南にあった熱帯低気圧は23日午前9時、台風15号に変わりました。

静岡地方気象台によりますと台風の北上に伴い、温かく湿った空気が流れ込む影響で静岡県内では大気の状態が不安定になっています。

23日夕方から24日にかけて大雨となる恐れがあり、23日で1時間に予想される雨の量は多いところで50ミリ、24日午後6時までの24時間雨量は多いところで150ミリとなっています。

台風の進路や発達の程度によっては警報級の大雨になる可能性があり気象台は土砂災害や低い土地の浸水河川の増水に注意するよう呼びかけています。