先月大規模な土石流の被害を受けた静岡県熱海市伊豆山地区では、きょうも捜索活動が行われてます。住居侵入や盗難などの被害も確認されています。

白鳥衛記者:「午前10時前の熱海市伊豆山です。現在はカラッと晴れていて、時折涼しい風が吹いています。あちらでは複数の重機による土砂の撤去作業や行方不明者の捜索活動が行われています」

災害現場では17日から行方不明者の捜索活動が再開されました。警察によりますと
避難のため不在になっている住宅では、先月から今月にかけて住居侵入と盗難事件が発生しているということです。現場には16日に警戒区域が設定され、許可なく立ち入ると罰則の対象になります。警察は不審者を見かけたら通報するよう呼び掛けています。