感染力が最大1.7倍とされるイギリス由来の変異種をめぐっては、きのう21日静岡県内4人目の感染者が…。

静岡県疾病対策課 後藤幹生課長(きのう午後6時すぎ):「静岡県内で確認された、渡航歴のない新型コロナウイルス感染症者の濃厚接触者1人から英国由来の変異株が確認された」
静岡県内で新たに見つかった4人目の変異種感染者は、3人目の濃厚接触者だった60代の女性です。1月中旬に発症し、この女性もイギリスなど海外への渡航歴はありません。

Q.この患者はどう過ごしている?
後藤課長:「現在は自宅にいらっしゃると聞いている」
Q.症状は?
後藤課長:「落ち着いている。軽症と聞いています」

静岡県は「この4人から感染がこれ以上拡大することはない」との認識を示しました。

後藤課長:「この方の濃厚接触は他にございませんし、この方に変異株のウイルスを伝播させたナンバー3(60代男性)という患者も、ほかに濃厚接触者はいないので、これでこのグループの変異株は、ここで終わった、囲い込まれたと考えています」

ただ、県内にどうやって変異種が入ってきたのか、感染経路はいまだ不明です。

Q.感染者1と3が発端。たどると、県外とリンクするという話があったが、今のところわからないのか結果的に不明なのか?
後藤課長:「厚労省と感染症研究所で調査しているので、まだわからない」
Q.県内にほかに変異株、今後ふくめて感染拡大の可能性については?
後藤課長:「県からは引き続き感染症研に、県内の陽性者の残った検体を送って、幅広く変異株の存在を調査してまいります」

変異種に感染した4人が確認されたのは、沼津市や三島市など8つの自治体を管轄している県東部保健所の管内です。ただ、どの自治体かは発表されていません。

静岡県東部の人は…「不織布マスクで」

沼津市 学生20代:「怖いですね。爆発的にならないか心配です。住んでいる身としては、どこで発生したのかというのが知りたいので、もうちょっと公表してほしいと思います」
御殿場市 70代姉妹:
「4人になってましたよね。怖いから、せめて何市とか、そういうのを教えてもらいたい」
「どこで出たかとか」
「名前はいいから、御殿場とか三島とか沼津とかって、そうすれば、みんな安心していられる」
「わたしら御殿場から(沼津に)来たのが2カ月ぶり」
Q.対策は?
「電車とバスに乗るので、2人できょうは不織布(マスク)にしようと」

観光地の飲食店「風評被害あるのも困る」

コロナ前は大勢の観光客で賑わっていた沼津港周辺。行列ができるほど人気の飲食店も、落ち込んでいた客足がさらに減少したといいます。
飲食店店長代理:「そういう噂が出ると大変困りますよね。風評被害あるのも困りますし」

同じく東部保健所管内にある三島市では、市長が動画でメッセージを伝えた。

三島市 豊岡武士市長:「ご心配やご不安に思われる方も多くいらっしゃることと思いますが、感染者等に対する心ない誹謗や中傷、差別的な対応は決してあってはなりません」

緊急事態宣言求める声も

静岡県で国内で初めての感染経路不明の変異種が確認されたことで、「静岡県にも緊急事態宣言を出すべきだ」という声も上がっています。
沼津市 70代男性:「神奈川、東京だけじゃなく、ここら辺も入れなきゃだめだよ」

沼津市 20代学生:「早く手を打つことはいいというか、遅いよりも早い方がいいと思うので」

沼津市 タクシー運転手70代:「うーん。難しい問題ですね。我々も出されると仕事がかなり減るし、微妙なところですよね」
Q.お仕事柄厳しい?
「ですよね」