リニア中央新幹線工事を巡り、国の有識者会議で示された中間報告案に対して、県は「疑問点がある」などとする意見書を国に提出しました。

17日に開かれた会議で、事務局の国交省から「水資源への影響は小さい」などとする中間報告案が示され、県はこれに対し意見書を提出しました。
この中で県は、大井川流域の現状について「水不足についての記述がなく、実態を理解したものになっていない」と指摘しています。
また、トンネル湧水が県外に流出する影響に関しては、全体の現象を考慮していないなどとして、「科学的・工学的に正確性を欠いている」と主張しています。
これらを含めて県は、中間報告のとりまとめに際して、慎重に検討するよう求めています。