静岡県熱海市の土石流災害を巡り、県警は土石流の起点となった盛り土の前の所有者の関係先に家宅捜索に入りました。

去年7月に発生した熱海市の土石流災害では、起点となった盛り土が被害を甚大化させたとみられていて、これまでに26人が死亡、現在も太田和子さんが行方不明となっています。
県警はきょう、前の土地所有者の関係先で神奈川県で不動産売買や土地開発を行う会社と、小田原市の建設会社に家宅捜索に入りました。

関係者によりますと、この2社は前の所有者から工事の発注を受け、熱海市伊豆山で建物の解体や土砂の搬入を行っていたということです。土石流災害をめぐっては、遺族が殺人の疑いで刑事告訴していて、盛り土の現在と前の所有者が崩落の危険を認識しながら十分な安全対策を取らず、「未必の故意」に当たると訴えています。