先週、静岡県と山梨県、神奈川県など3県で作る協議会で、新たに改定された富士山のハザードマップ。最新の知見をもとに作られた噴火のシミュレーションからは、新たな課題が見えてきました。

石田アナ:きょうは、新たに作られた富士山ハザードマップについて、静岡県政担当の根方記者に聞きます。富士山の噴火を想定したハザードマップが見直されたということですが、今回の改定で、何が変わったのでしょうか?

根方記者:ハザードマップは、シミュレーション技術が向上したことや、科学的な知見が蓄積されたことなどから、17年ぶりに改定され、被害の範囲が大幅に拡大することが分かりました。大きく変わったのは、噴火に伴う「溶岩流」の予測です。

石田アナ:「溶岩流」の予測とは…具体的に?

根方記者:これが、これまでのハザードマップ。こちらが新たなハザードマップ。溶岩流の到達時間を色ごとに示していて、ピンク色が『噴火する可能性がある場所』、赤色が『2時間で到達する可能性のある範囲』…などとなっています。

石田アナ:これまでのマップと比べて、今回のマップでは、ピンクと赤色の範囲が大きくなっていますね。

根方記者:そうなんです。これを見てわかるように、今回この『噴火する可能性がある場所(=火口)』が、山梨県富士吉田市や静岡県富士宮市の東西に延びると想定されたことで、赤色の部分、『=溶岩流が2時間で到達する可能性のある範囲』が大きく広がりました。つまり、溶岩流など噴火の被害はより早く、広範囲に及ぶことがわかりました。

溶岩流はわずか14分で富士宮市の浅間大社に

石田アナ:山頂から離れた静岡市清水区のあたりにまで色がかかっていますが、静岡県内の自治体にも影響が出てくるということでしょうか?

根方記者:これまでのハザードマップでは、噴火による溶岩流は、山頂に近い静岡県と山梨県の15市町に到達する可能性があるとされていました。新たなマップでは、神奈川県を加えた27市町村に増やされました。静岡県富士市は、ほぼ全域にかかっています。静岡県内では、沼津市・清水町・静岡市清水区(蒲原周辺)が新たに加えられました。

石田アナ:溶岩流は、実際に到達するまでにどのくらいかかるのか?

根方記者:2時間以内に富士宮市の市街地や御殿場市の郊外にまで流れ込み、1日以内に裾野市や富士市の市街地に達する恐れがあるとされています。いくつか具体的に示しますと…

▼富士宮市の浅間神社まで、わずか14分。
▼東海道新幹線まで5時間。
▼また、今回新たに追加された沼津市では、早ければ18時間で沼津駅周辺にまで到達することが明らかになりました。

関係市町は避難計画作成へ

石田アナ:山頂からある程度距離のある地域にも影響を与える可能性があり、避難しようとしても道路などが寸断する恐れもあるということですね。

根方記者:街を焼き尽くし、土地などの再生も難しい噴火の被害をハード整備で防ぐのは、現実的でありません。このため、静岡県はこのハザードマップをもとに、避難の必要な範囲や対象者などを見直していくとしています。これに合わせて、関係する市町はそれぞれ避難計画を作ることになります。富士山は300年以上前に「宝永噴火」と言われる噴火をしてから鳴りを潜めている状況。美しさで多くの人々を魅了する富士山ですが、いつか噴火する可能性があるかもしれない、ということを念頭に備えをしておくことが大切です。