梅田航平記者:「きょうは山の日ということで、富士宮口5合目から富士山を登り始めておよそ1時間がたちました。きょうは天気も良く、まさに雲の上を歩いている気持ちです。登山者も多く、富士登山日和となっています」

山の日の11日、にぎわいを見せていたのが、日本一の山・富士山。午前中から
登山道の1つ、静岡県の富士宮口には、多くの登山者が訪れて、登山とともに雄大な景色を楽しんでいました。

大阪からの姉妹:「天気も良くてよかったです。ちょうど山の日ということで、たまたまだったんですけど、頑張ってのぼります。頑張ります」

京都からの家族:「夏休みずっと今までコロナでこもっていたので、久しぶりの外出で不安はあるけど、やっと出れたという感じ」

子ども(9歳)
Q.疲れた?
A.まだ疲れていない
Q.まだ余裕?
A.まだ余裕。

きのうから登り始めて、けさのご来光を見てきた人たちは。

浜松から:「初めてだったけど、すごかったです。感動しました。ご来光が。今まで見たことない景色で雲バーッてなって、街バーッて感じで、海バーッて感じで感動しました」

浜松から:「登りは本当に苦しかったんですけど、ご来光みたり、その後の山頂からの景色をみたら、全部忘れることができました」

にぎわう富士山で、笑みをこぼしていたのは、登山客だけではありません。

梅田航平記者:「こちら標高およそ2500メートル地点にある6号目の山小屋です。多くの登山者が訪れ、憩いの場となっています」

6合目の山小屋・宝永山荘。80年近く営業する老舗で、食事やビール、そして宿泊などもできます。

宝永山荘 渡井弘子社長:「結構混んでますねきょうは。山の日で天気がいいからよかった。ジュースも売れてますよ。暑いからものすごい、ジュースはいっぱい売れていますね」

Q.人の数は?

A.戻ってきてますね。まだまだこれからうちも予約いっぱい入ってきてるいから。あとは本当にいっぱい来てもらうだけ、お客さんに。

にぎわいを取り戻しつつある、富士山。今年の開山期間は来月10日までとなっていて、登山には検温などが必須となっています。

また、県内の富士登山ルートである、富士宮口・須走口ともに、混雑防止のため、5合目までは専用シャトルバスを使っての移動となっています