袴田事件の再審請求審で犯行着衣とされる衣類の血液を鑑定した法医学者らの証人尋問が行われました。

袴田事件では、事件の1年2カ月後にみそ樽から、犯人が着ていたとされる血液の付いた「5点の衣類」が見つかっていてこの血液の色をめぐり弁護団と検察の意見が食い違っています。弁護側はこれまでに血液が長期間みそに浸かると「赤みが消えて黒褐色化する」という鑑定書を提出していてきょう東京高裁ではこの鑑定した弁護側の法医学者2人の証人尋問が行われました。

証人尋問では裁判官から、弁護側が行ったみそ漬け実験の方法や結果について説明を求められたほか検察からは味噌に含まれる酸素量が少ないと血液の赤みが消えるには時間を要するのではないかといった反対尋問があったということです。証人尋問は非公開で行われましたが袴田巌さんの姉・ひで子さんは傍聴が許されました。

小川秀世弁護士「血痕が黒褐色化することは科学的なメカニズムについてはっきりしたと、争えなかったということですから、それが一番大きな成果だった 我々の主張は伝わったものと考えています」

袴田ひで子さん「結果はでてみないとわかりません。期待はしています。私は大いに期待しています」

来月には検察側の法医学者の証人尋問も予定されています。