スウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する

三觜喜一が一番伝えたかったことを話します!

「どのように身体を動かせば、球がつかまって飛ぶか」。多くのアマチュアは、そのことで悩んでいるが、身体の動きを直してもスウィングは改善されないと三觜喜一は言う。大事なのは、クラブがどう動きたがっているかを知り、その通りに動かしてあげること。それができれば球は真っ直ぐ飛ぶと言うのだ。それを実現するにはどうすればいいのか? 三觜自身が、「言うべきことはこれのみ」というスウィングの原理原則を教えてもらった。

クラブの特性、わかっていますか?

『シャフトの軸線上に芯がないだからゴルフクラブは扱いづらい』

●当てる場所が軸線上にないのがクラブの特性
ゴルフが上手くなりたい。そう思った らまずクラブの特性を知ることが大事です。ところで皆さんは、クラブにはどんな特性があるかご存じですか。最大の特性は、野球のバットと異なり、シ ャフトの軸線上に〝当たる場所〞がないことです。さらにクラブの場合は、ヘッドが飛び出ている分、シャフト軸線に対して右側に重さが掛かるので、何もしなければクラブは右側に回転しようとします。そのためヘッドをコントロールするのが難しいわけです。

もしグリップではなく、重心を持つことができれば、意のままに操ることができます。ところが実際は、重心から離れたところを持つので、クラブは思うように動いてくれません。たとえば、グリップを上げるとヘッドは下がるし、目標方向に動かそうとすると遅れてきます。まずはこの特性を 理解することが、正しいスウィングを身につけるための第一歩となります。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。