スウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する

三觜喜一が一番伝えたかったことを話します!

「どのように身体を動かせば、球がつかまって飛ぶか」。多くのアマチュアは、そのことで悩んでいるが、身体の動きを直してもスウィングは改善されないと三觜喜一は言う。大事なのは、クラブがどう動きたがっているかを知り、その通りに動かしてあげること。それができれば球は真っ直ぐ飛ぶと言うのだ。それを実現するにはどうすればいいのか? 三觜自身が、「言うべきことはこれのみ」というスウィングの原理原則を教えてもらった。

クラブはどう動かせばいいか知っていますか?

『クラブに円運動をさせれば必ずボールのところに戻ってくる』

●クラブを引き続けることが再現性を高める唯一の方法
野球のバットに比べて扱うのが難しいゴルフクラブをどう動かすのがいいのか。結論から言うと、〝円運動〞をさせればいいのです。実際、身体の前でクラブを回転させると、クラブはいつまでも、そして同じところを回り続けます。つまり、回しておきさえすれば再現性の高い動きになるということ。前傾姿勢をとってクラブを回せば、必ずアドレスの位置に戻ってくるということになります。では、どうすればスムーズな円運動を させることができるか。答えは、クラブを引き続けることです。

具体的には、グリップエンドを身体の中心方向に引いてくればいいのです。そうすればクラブは回転し続けます。そして、引き続ければ続けるほど、クラブは永遠に回転し続けるだけでなく、再現性の高いクラブ軌道になるし、元の位置に戻ってくる確率も高くなるのです。ところが、多くのゴルファーはボール を打つとき、グリップエンドを引かずに自分から打ちにいってしまう。これが、球が真っ直ぐに飛ばなかったり、大きな飛距離を得られない原因です。クラブの特性を知るためにも、まずはク ラブを引き続けて、身体の前でクラブをグルグル回してみてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。