スウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する

三觜喜一が一番伝えたかったことを話します!

「どのように身体を動かせば、球がつかまって飛ぶか」。多くのアマチュアは、そのことで悩んでいるが、身体の動きを直してもスウィングは改善されないと三觜喜一は言う。大事なのは、クラブがどう動きたがっているかを知り、その通りに動かしてあげること。それができれば球は真っ直ぐ飛ぶと言うのだ。それを実現するにはどうすればいいのか? 三觜自身が、「言うべきことはこれのみ」というスウィングの原理原則を教えてもらった。

グリップの形の正解は?

『握り方によって、インパクトでのグリップの位置が違うことを理解しておこう』

●クラブを引きやすい握り方を見つける
クラブに円運動させるというのが、正しいクラブの動かし方。だからグリップも、「打ちやすい」握り方ではなく、「引っ張りやすい」握り方をするべきです。では、どういう握り方をすればいいのか。これには正解はありません。グリップには大きく分けてパターンあります。正面から見て握りこぶしが3個くらい見える「ストロンググリップ」、同2個のスクェアグリップ、同1個の「ウィークグリップ」。どれがいいというわけではなく、自分に合ったものであればどの握り方でもかまいません。

ただし、握り方によってインパクト時のグリップの位置が変わることだけは覚えておきましょう。たとえば、スクェアグリップは左股関節の前あたり、ストロンググリップの場合は左腰よりも左側、ウィークグリップでは身体の真ん中あたりがインパクトでの手の位置になります。知識として頭に入れておいてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。