菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

●曲がりを抑えて飛距離アップ
アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で数多くのアマチュアゴルファーから高い評価を得ている菅原大地。今回のテーマは、多くのゴルファーが悩む“曲がり”について。どうすれば曲がらない球を打てるようになるのか?曲がりのメカニズムと、曲げない打ち方を教えてもらった。

曲がらないスウィングを作る

『軌道を修正する前にアドレスをチェック』

●アドレスを変えれば球筋も大きく変わる
ボールの曲がりが止まらなくなったとき、最初にやるべきはアドレスチェックです。アドレスを修正するだけで、曲がりが止まるケースも多いからです。

まずはグリップ。スライスが出や すい人は、左手を深めに握るストロンググリップにしてフェースを少しオープンにすれば、フックボールが打てるようになります。

一方、フックが出やすい人は、ウィークに握ってフェースを閉じ気味にすればスライスボールが打てるようになります。

また、左手の親指を伸ばす(ロングサム)か縮める(ショートサム)かによっても球筋を調整できます。ロングサムにすると、手首の動きが制限されてフェースの返りが悪くなるのでフックを抑えたい人にオススメ。逆にショートサムはフェースを返しやすくなるので、スライスを解消したい人に向いています。

もうひとつ大事なのは身体の向き。上半身のラインが開いているとスライス、閉じているとフックが出やすくなります。 身体の向きを変えるだけで、スライス、フックが直る場合もあるので確認してください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.8』

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ