スイングのチェックポイント トップオブスイング

トップオブスイングは意識して行う動作ではなく、腕の上昇と左への重心移動および体の左回転が拮抗した瞬間にすぎません。ですから形を作ろうとするのではなく、運動方向の違う2つの大きな動きを同時に起こしてください。そうすることで肩が深く入る動きを発生させることがポイントです。

【書誌情報】
『100を切れない7つの理由・10の上達法 劇的に上手くなるスイングの作り方』
著者:阿河徹

なかなか上手くならないアマチュアゴルファーのスイングには、致命的な欠陥がある。そこで本書では、アマチュアのスイングの悪いクセを7つを解説。さらに、著者が「スイングの設計図」と呼ぶ、正しいスイングの動きをイラストでわかりやすく紹介する。そして、その基本の動きが身につき、上達に役立つ10のスイング・ドリルも公開する。スイングに悩んでいる人をはじめ、これからスイングを学ぶ人、基本を再度見直したい人も活用できる一冊である。