世界標準のスウィング
ノーリストターンで飛ばす!G1スウィング

数々の常識を覆してきたスウィング理論「G1スウィング」。今回は、最大の特徴である「裏面ダウン」を徹底解説。世界標準はフェースの〝裏〟で打つ!

世界標準はクラブを振り下ろさない!

ヘッドをグリップよりも落とさない
世界標準のG1スウィングの最大のポイントが「裏面ダウン」です。裏面ダウンとはなにか? 一言でいえば、フェースではなく、フェースの〝裏側〟(バックフェース)でボールをヒットする感覚でダウンスウィングすることです。

「ワケがわからない」と思われるかもしれません。日本標準スウィングに慣れ親しんでいる人にとってはそれも当然のことなので、これから順を追って説明していきます。

そもそも日本標準スウィングでは、腕を振ってヘッドを落とし(キャスティング)、ボールにフェースを当てにいくような形でインパクトを迎えます。これはヘッドが大きく遠回りすることになるので、どうしても再現性が下がります。ヘッドが走るような感覚を持つので飛びそうな気がしますが、身体の回転を止めてしまうのでエネルギー効率も良くありません。

一方で、世界標準スウィングは決してクラブを振り下ろしたり、ヘッドを落とすような動きとうこつはしません。橈を軸に右腕を回外させてフェースをダイナミックに開きながらバックスウィングし、クラブが身体に巻き付くようなトップができたら、そこからクラブを身体から離さずたいさばに体捌き(ボディアクション)のみによって切り返します。

そうすることでクラブが最短距離でボールに向かい、ヘッドの動きが最小限になるので再現性が高まります。また、フィニッシュまで身体を回転し続けて減速せずスウィングするので、飛んで曲がらないボールが打てるのです。

ヘッドをグリップより落とさない!

右ヒジは決して伸ばさない。トップでできた90度の角度を保ったまま切り返してダウンスウィングし、フィニッシュまで振り抜く。

クラブは絶対に振り下ろさない。スウィング中、常にヘッドがグリ ップよりも高い状態をキープする。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.8』

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。