クラブが正しく回転すればフェースは自然に“返る”理由とは!?

実際にクラブを回転させるとシャフト軸も回転し、それに伴ってフェースも回転します。

つまり、クラブに正しい円運動をさせればフェースも自然と返るということ。

だから、「フェースを返したほうがいいのか、返さないほうがいいのか」という論争は全く意味のないことです。

 

フェースは〝返す〞のではなく、〝返る〞のです。

そしてその動きにならなければ、一定の回転運動で、再現性高く正確に元の位置には戻ってこないし、ヘッドスピードも上がらないということです。

 

ただし、ここでひとつ注意をしておかないといけないのは、「フェースが返る」という動きを自らやってしまう人がいることです。

確かに、手首だけを返しても、フェースが返っているように見えます。

しかしこの動きは、シャフト軸を回転させずにフェースを返しているだけなので、円運動を自ら止めていることになります。

また、手首だけを返すと、支点(グリップの位置)が右にズレるので、ボールは左に飛んでいきます。

 

そもそもこのような動きも、身体の中心に向かってクラブを引き続ければ起こることはありません。「ボールに当てたい」という気持ちが強いと手首が返る動きになってしまうので、常に「引き続ける」を意識してスウィングしましょう。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.8』

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。