体側部の伸び縮みを覚える 前傾キープ回転ドリル

アドレスの前傾角度をキープするのは難しいものです。意識していても体が起き上がってしまうものですが、そうなれば手元も持ち上がり、クラブのライ角通りにボールをとらえられなくなります。

なぜ前傾角度を保つのが難しいかというと、スイング中はただ胴体が回転するのではなく、体側部が伸び縮みをしています。この伸び縮みが起こらないと前傾角度を保つのが難しいのです。

この動きを覚えるには、クラブを横にして背負って前傾姿勢をとり、前傾姿勢を保ったままバックスイング方向、フォロースルー方向に回します。

バックスイング方向に回るときは、左肩とベルトのバックルが近づくように左体側部を縮め、フォロースルー方向に回るときは、右肩とベルトのバックルが近づくように右体側部を縮めましょう。

【書誌情報】
『100を切れない7つの理由・10の上達法 劇的に上手くなるスイングの作り方』
著者:阿河徹

なかなか上手くならないアマチュアゴルファーのスイングには、致命的な欠陥がある。そこで本書では、アマチュアのスイングの悪いクセを7つを解説。さらに、著者が「スイングの設計図」と呼ぶ、正しいスイングの動きをイラストでわかりやすく紹介する。そして、その基本の動きが身につき、上達に役立つ10のスイング・ドリルも公開する。スイングに悩んでいる人をはじめ、これからスイングを学ぶ人、基本を再度見直したい人も活用できる一冊である。