腕の運動を覚える 両脚を揃えて打つ

アマチュアは角速度を発生させるのが苦手です。インパクト直前まで手首の角度をキープすると、ボールがどこに飛んでいくかわからないと不安になるからですが、実際には角度をキープしたほうが、距離が出ますしコントロールも効きます。

角速度を発生させるには、両脚を揃えて打つドリルが有効です。左右にスエーできない状態をつくり出したうえでクラブを振ると、自然にコッキング動作が入りますので試してみてください。

両脚を開いていると手元の運動量が、大きい割にクラブヘッドが動かず、グリップとクラブのスピードの変化率が小さい状態になりがちですが、両脚を閉じていると、手元の運動量が小さくてもクラブヘッドが、加速するというスピードの変化率が、大きい状態をつくり出すことができます。

【書誌情報】
『100を切れない7つの理由・10の上達法 劇的に上手くなるスイングの作り方』
著者:阿河徹

なかなか上手くならないアマチュアゴルファーのスイングには、致命的な欠陥がある。そこで本書では、アマチュアのスイングの悪いクセを7つを解説。さらに、著者が「スイングの設計図」と呼ぶ、正しいスイングの動きをイラストでわかりやすく紹介する。そして、その基本の動きが身につき、上達に役立つ10のスイング・ドリルも公開する。スイングに悩んでいる人をはじめ、これからスイングを学ぶ人、基本を再度見直したい人も活用できる一冊である。