テークバックにおける、右腕の動きで重要なポイントとは!?

次に右腕の上げ方を紹介します。

右腕は左手の動きにともなって上がっていくわけですが、その動きについて重要なポイントがあります。

それは、二の腕(上腕)とヒジから先(前腕)とでは回す方向が違うということです。

具体的には、右ヒジは下を向けておきたいので二の腕は外側(右方向)に回し、ヒジから先は内側(左方向)に回します。

アマチュアゴルファーに多く見られるのは、ヒジから先も外側に回してしまうパターン。

そうするとクラブが寝てフェースが開いてしまうので、元に戻すのが難しくなります。

トップの位置で手首が立ちすぎているくらいになってもいいので、ヒジから先は内側に回しましょう。

この動きを日常生活で考えてみると、飲み物を口元に運ぶ動きに似ています。

実際にスウィングするときも、飲み物を飲む動きを意識してみてください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.8』

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。