筋出力トレーニング②
ボックスジャンプ

【ナゼやるの?】投球動作の際、お腹と胸郭を連動させて力を生み出していくイメージをつかむことができる。飛ぶ時に腕をうまく使うことが必要で、打撃や走る動きにも通じる。

足で飛ぶ人が多いので、まずは正座をして足を使えない状態で行う。平地で始め、感覚をつかんだら高さをつけよう。


スキーのジャンプのように前傾になり、お腹と胸郭を連動させて飛ぶ。足を使えないので、お腹の力が不可欠になる。胸郭は丸める(上)、反る(中)、丸める(下)というイメージで使う。


お腹に力を入れ、丸めた胸郭を反らせて斜め上方向に力を生み出すイメージで飛ぶ。腕の振りをうまく使うこともポイント。


足を上げるだけでなく、お尻を膝より上に持っていけるようにジャンプする。かかとまでボックスに乗る。お腹とハムストリングの力を効かせることで跳躍力が増す。


出典:『革新的投球パフォーマンス』高島誠