ピッチャーはファーストゴロが飛んだ時
ファーストゴロでベースカバーに入る

【どうして?】
●ボールを捕った一塁手が、自分でベースに入れないことがあるから


ピッチャーは「5人目の内野手」とも呼ばれ、投球はもちろん、守備も重要。ピッチャーゴロやバント処理のほか、一塁のベースカバーも重要な守備の動きだ。

ファーストゴロはもちろん、結果的にセカンドゴロになるような場合も、一・二塁間に飛んだ打球は一塁手も追い掛けることが多いので、一塁ベースカバーに入る必要がある。ゴロが右方向に飛んだときには、一塁方向に動くクセをつけたい。

このとき打者走者と交錯しないよう、本塁側から回り込むように膨らんでベースカバーに入るようにしよう。

一塁手が深い位置でさばいたゴロは、二塁手が一塁ベースのカバーに入ることもあるので、そのときの動きは前もって決めておくようにしよう。一塁手が前進しながら捕った打球はピッチャーが、下がって捕った打球は二塁手がベースカバーに入るのが一般的だ。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

The post 投手がベースカバーに入るべきタイミングとは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】 first appeared on ラブすぽ.