3試合連続無失点の畠世周

10月10日にマツダスタジアムで行われた広島カープ戦に、読売ジャイアンツ先発の高橋優貴に代わり、2番手でマウンドに上がった畠世周は、1.2回を29球で1安打無失点1奪三振と好投を披露し、3試合連続無失点を記録した。

5回、1アウト1、3塁のピンチの場面で、巨人先発の高橋優貴に代わり、2番手でマウンドに上がった畠世周は、鈴木誠也を5球目130キロのフォークでショートライナーに打ち取り、3塁を飛び出していた西川龍馬をアウトにし、ダブルプレーでピンチを切り抜けると、6回も続投し、先頭打者の坂倉将吾にヒットを許すも、菊池涼介をファーストフライに打ち取り、1アウト1塁の場面で、林晃汰にレフトへツーベースヒットを放たれ、1アウト2、3塁と再びピンチを背負うも、石原貴規をレフトフライ、森下暢仁を見逃し三振に切って取り、無失点で切り抜けた。

5日のヤクルトスワローズ戦から3試合連続無失点の畠世周は、さらなる無失点記録の継続に意気込んだ。

巨人は決定打不足で、今シーズンワーストタイの6連敗と、なかなか勝利を掴むことができずにいるが、そんな中3試合連続無失点とピンチを切り抜け、無失点ピッチングを続ける畠世周に原監督が信頼を厚くしている。

巨人は残り9試合となったが、防御率3.11の畠世周が残り試合の中で、無失点ピッチングを継続し、防御率2点台に食い込むことができるか注目だ。