左体側を伸ばして使い、クラブがインサイドから下りるようにする

こちらもラウンドや練習前のストレッチ的な要素の強いメニューですが、スイングにダイレクトに反映されるのでぜひ取り入れてください。

使用クラブはドライバー。左手1本で持ってセットアップしたら、キープレフトのイメージでクラブを上げます。左腕が地面と平行になるあたりにきたら上腕、前腕ともに右に回しながら頭の上に運びます。これで左体側が伸びます。

ここまできたら、今度は体を左に回転させてフィニッシュの位置(体の正面が目標方向を向く)のポジションまで行きましょう。ゆっくり大きく動くのがポイントです。

ここでやったように左体側が伸びると、ダウンスイングでクラブが斜めを保ってインサイドから下ります。加えて、スイングアークが大きくなるメリットも享受できます。

出典:『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』著/和田泰朗