フォワードプレスの形を保ち回転運動によるインパクトをマスター

体とクラブの関係性を強調してキープレフトを覚えるドリルです。

セットアップしたらフォワードプレスを入れ、ボールに対してクラブフェースが開いた状態を作ります。このとき、右前腕は右、左前腕は左に回り、クラブは体に対してヨコの位置にあるとともに斜めに傾く。つまりキープレフトポジションになります。

このクラブと腕、および体の関係性を保ったまま体を右に回してバックスイング、左に回してダウンスイングからインパクトへと向かいます。素振りでもボールを打ってもいいですが、インパクトでもフェース面は開いたままにしておくこと。絶対に閉じてはいけません。

フェースが開いて当たってスライスするような気がするかもしれませんが、回転運動が伴っていればクラブの使用条件(クラブのヘッド側がヒールを追い越して打つ)が満たされてボールがつかまります。

出典:『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』著/和田泰朗