バックスイングからインパクトでヘッドが三角形を描くように動く

斜めの棒を斜めに振るには、インサイドから下ろすのが絶対条件です。このドリルはダウンスイングからインパクトでクラブヘッドがかぶって外から下りるのを防ぐ効果があります。

まずはテークバックでクラブを、自分から見て右斜め上に上げます。その流れでトップまで行き、体の近くからクラブを下ろす。

バックスイングからインパクトでヘッドが三角形を描くように動きます。ヘッドがループする形でインパクトに向かうので、右サイドで〝つ〟の字を書くイメージで動いてもいいでしょう。

手首を使うと振り子の動きが入るので、長い棒の真ん中を持ち、体の左側に当たらないように動くイメージをもちましょう。フォワードプレスドリルと同様、インパクトに向かってフェースが閉じてこないように注意してください。

出典:『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』著/和田泰朗