ボールの位置は重心が後方にあるパターほど左に寄る

 ボールを置く位置については、「真ん中に置く」、「左目の下に置く」、「利き目の下に置く」などいろいろな考えがあるようですが、私が出した結論は次の通りです。

まずパターヘッドの振り子運動の最下点を、なるべくスタンス中央線にする。そして振り子をヘッド全体でイメージせず、重心(★)の振り子と考えます。つまり、アドレス時に重心(★)がスタンス中央線上に来るようにします。そして、そのときのフェース横にボールを置けば、それが正しいボールポジションとなります。重心(★)からフェースまでの距離が長いパターほど、ボー
ルポジションは中央より左になると考えます。

一般的には大型ヘッドのものほど重心が後ろになるため、ボールポジションはセンターより左になります。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也