先制の2ランホームラン放った広岡大志

10月19日に横浜スタジアムで行われたDeNAベイスターズ戦に、「8番・二塁」で先発出場した広岡大志は、3打数1安打2打点1HRと、先制の2ランホームランを放ち、存在感を放った。

2回、2アウト1塁の場面で打席に立った広岡大志は、DeNAベイスターズ先発の今永昇太の4球目148キロのストレートを逆方向のライトスタンドに運ぶ先制の2ランホームランを放った。

4号2ランホームランを放ち、存在感を放った広岡大志は、スタメンのチャンスをもらった中で、最初の打席で先制点を奪う2ランホームランという結果を出せたことに、喜びの表情を見せた。

広岡大志は今シーズン4本の本塁打を、中日ドラゴンズの大野雄大から2本塁打、今永昇太から2本塁打と球界を代表する左腕から放っており、自身の長打力に自信をつけ始めている。

原監督も広岡大志の先制の2ランホームランのおかげで、主導権を久しぶりに握る試合ができたと、10連敗脱出とはならなかったものの、次戦へ向け手応えを掴んだ。

CS進出へ向け、残り3試合1勝でも多く勝ち取りたい巨人にとって、広岡大志の台頭は先のCSでも大きな戦力となる。

広岡大志には一発で終わらず、更なる活躍を披露し、巨人のシンデレラボーイとなり、猛一波乱起こす存在となってもらいたい。