巨人の10連敗脱出呼び込む同点の15号2ラン放ったウィーラー

10月20日に横浜スタジアムで行われたDeNAベイスターズ戦に、「5番・左翼」で先発出場したゼラス・ウィーラーは、4打数1安打2打点1HRと、巨人の10連敗脱出を呼び込む同点の15号2ランホームランを放ち、巨人の勝利に大きく貢献した。

2点を先制された直後の2回ノーアウト1塁の場面で、DeNAベイスターズ先発の上茶谷大河の初球123キロの甘く入ったスライダーを捉え、レフトスタンドへ運ぶ同点15号2ランホームランを放ち、巨人の10連敗脱出を呼び込んだ。

同点15号2ランホームランを放ち、巨人の10連敗脱出を呼び込んだウィーラーは、ダイヤモンド1周後、ベンチ前でハイタッチを重ね、カメラに向かって、「くるりんぱ」を披露し、喜びを爆発させ、自身の調子の良さを明かした。

ウィーラーは巨人の10連敗脱出を呼び込む同点の15号2ランホームランで、4試合連続安打を記録し、ここ4試合で16打数6安打7打点2HR、打率.375と打撃好調を維持している。

ウィーラーが5番に座り、打撃好調を維持することで、自身初の40本塁打到達を目指す岡本和真に好影響を与える。

ウィーラーが好調で後の打席でヒットを量産してくれることで、岡本和真が楽に打席に入ることができ、相手投手の警戒も岡本和真に集中することができず、本塁打を狙いやすくなる。

残り2試合、ウィーラーが更にヒットを量産し、相手投手の警戒を自分の所に集中させ、岡本和真の自身初の40本塁打到達を後押ししてもらいたい。