玄奘三蔵が持ち帰って漢訳

般若心経は、唐代の僧、三蔵法師玄奘(さんぞうほうしげんじょう)がインドから原典を持ち帰って漢訳(中国語に訳すこと)しました。玄奘は、明代の小説『西遊記』に登場するので、ご存じの方も多いでしょう。『西遊記』はフィクションを交えた小説ですが、玄奘は実在の人物です。三蔵法師とは、3種に大別される仏典(経蔵・律蔵・論蔵)のすべてに精通した僧侶のことで、転じて訳経僧(お経を訳す僧)をも指すようになりました。

三蔵法師とは、その役目を果たす僧の尊称で、人の名前ではありません。しかし、最も有名なのが玄奘なので、日本では三蔵法師といえば玄奘を指すことが多くなっています。

河南省落陽に生まれた玄奘は、インドで仏教を学びたいと願い、西暦627年、国禁を破って旅に出ます。命をかけて砂漠を渡り、インドに到達して仏道をきわめます。18年後、膨大な仏典を持って帰国。残りの人生は、寝る間も惜(お)しんでの仏典の翻訳と学僧への講義に費やしました。

 

玄奘の持ち帰った経典のなかでも、とくに重要だったのが600巻に及ぶ「大(だい)般若経」でした、名前のとおり、般若波羅蜜多の大切さと功徳(くどく)を説いた経典で、その前にあったおびただしい量の般若経典群をまとめたものです。

般若心経は、大般若経には含まれていませんが、その多くの部分が大般若経から抜粋されています。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 般若心経』
著:宮坂宥洪 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
真言宗の僧、仏教学者。1950年、長野県岡谷市生まれ。高野山大学仏教学科卒。名古屋大学大学院在学中、文部省国際交流制度でインド・プネー大学に留学し、哲学博士の学位取得。岡谷市の真言宗智山派照光寺住職。

The post 般若心経はこうして伝わった【般若心経】 first appeared on ラブすぽ.