姿勢が保持できないと呼吸が浅くなる

色々な体勢での呼吸法や、ストレッチをしながらの呼吸法などを紹介してきましたが、人間は活動していくうえで、正しい姿勢を作ることがとても重要な要素になってきます。姿勢が保持できないと呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると、筋肉が活動しません。筋肉が使われないと、どんどん姿勢保持が難しくなります。腹筋や背筋が弱くなり、体を支えられなくなり、背中の丸まった「ねこ背」になるのです。

ねこ背の姿勢は、胸を圧迫します。前述したように呼吸が浅くなるのです。体に十分な酸素供給がなされないので、血流も上がらず不調が続いてしまうのです。姿勢を保持すること、そして、正しい姿勢を取るためにバランスを安定させること。この部分はとても大切なポイントになります。

姿勢保持には体幹部の強化が欠かせない

姿勢保持には、腹筋と背筋に力が入るようにならなければなりません。歩くにしても走るにしても、何か行動するときには姿勢を保持するためにバランスを取ります。バランスが安定するから力が発揮できるのです。

バランスを取るためには、お腹まわりや股関節、つまり体幹部(インナーマッスル)を鍛えておかなければなりません。体幹部を鍛えるには何が必要でしょうか?そう、「呼吸」です。腹式呼吸が、体幹を鍛え、体のバランスを取るのに必要な筋肉を作りあげるのです。次ページから紹介する「バランス呼吸」エクササイズは、腕立て姿勢や四つん這いなど床に近い状態で行うメニューを多くしました。難易度の低いエクササイズで始めていただき、徐々に難易度を上げていくと良いでしょう。

次ページから紹介する「バランス呼吸」エクササイズは、腕立て姿勢や四つん這いなど床に近い状態で行うメニューを多くしました。難易度の低いエクササイズで始めていただき、徐々に難易度を上げていくと良いでしょう。

実践するうえで大事なのは、呼吸をゆっくり深くすることです。姿勢を正しく保つことはもちろん大切ですが、姿勢作りに気を取られすぎて呼吸が浅くなると意味がありません。息を吸ってお腹を膨らませ、息を吐いてお腹を縮める。この基本呼吸を守って行えば、徐々にバランスも取れるようになってきます。

このエクササイズは、アスリートなど普段から体を鍛えている選手も、体幹トレーニングとして実践しています。筋力アップはもちろん、シェイプアップにも有効なものですので、ぜひチャレンジしてみてください。

出典:『一流が実践する人生を変える呼吸法』著/宮﨑裕樹