菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

●実戦を想定した練習編
真っすぐ打つ技術を持っているだけではスコアがまとまらないことに気づいている人も多いはず。ときには左右、高低を打ち分ける必要があるし、傾斜地からも普通に打てなければいけない。今回は、ドロー、フェードの打ち方をはじめ、実戦を想定した練習方法を教えてもらった。

【ドローをものにする練習法】グリップをストロングにしてハンドファーストでとらえる

●クローズに構えるとより強いドローに
ドローを打つためにはそれなりの技術が必要だと思っている人も多いようですが、実はそれほど難しいことではありません。第1のポイントは、左手を深くしたストロンググリップで握ること。そしてインパクトではハンドファースト強めにします。これだけでフェースが返りやすくなると同時に、ボールを右に押し出しやすい状態を作ることができます。

またスウィングでは、フォロースルーで右手を外側に伸ばし、手元を後方に引くことがないようにすることが大事です。ドローを強めにしたい場合は、右足を引いてクローズスタンスにして、肩、腰ともにスタンスのラインに合わせて構えましょう。そうすればクラブがインサイドから入りやすくなり、ドロー回転が強くかかります。

●フォロースルーでは右手を外側に伸ばす
手元を引くことがないように、右手をしっかり伸ばすことが大事(写真左)。×写真のようにインパクト〜フォロースルーで手元を後方に引くのはNG。

クローズスタンスにして身体のラインも右向きにすると、クラブがインサイドから下りてくる。その結果、より強いドロー回転がかかる。