ショートゲームのスペシャリスト伊澤秀憲 出る!寄る!バンカーショットの真実

3回にわたって紹介した伊澤秀憲流 “寄る”アプローチショットの真実。今回からはバンカーショット編。バンカーショットが上手く打てないのにはちゃんと「理由」があったんです。知ってしまえば簡単!もうバンカーなんてこわくない!

【バンカーショットの真実1】クラブをしっかり握らない!

●左の小指・中指・薬指は「握らない」
「バンカーショットが苦手」と言うゴルファーをよく見かけます。出ない、ホームラン、距離がバラバラなど症状は人それぞれですが、うまく打てない原因はほとんどと言っていいくらい1つに集約されます。

それはグリップ。アマチュア・プロ問わず、バンカーショットが不得手な人はクラブを強く(しっかり)握っています。これが諸悪の根源。「え? それだけ?」と思われるかもしれません。はい、それだけです。「それが悪いの?」と首を捻られるかもしれません。はい、悪いんです。意識的にしろ無意識にしろ、クラブを〝しっかり握る〟。たったそれだけのことが、バンカーショットをとても難しくしています。

バンカーショットで一番大事なことは、クラブヘッドがいかにスムーズに動く(走る)か。グリップをきつく握ってしまうと、ヘッドが走ってくれません。するとバウンスが使えないし、ヘッドスピードも上がらないのでボールの下をきちんとくぐらすということが困難になります。それで力任せにボールの下にヘッドを入れようとすると砂に刺さってしまう(出ない)し、薄く入れようとするとトップすることになってしまう(ホームラン)んです。

なので、バンカーショットでまず心がけるべきことは左手の小指・薬指・中指を「握らない」ということ。通常のショットで「しっかり握りなさい」と言われるこの3本の指の力を抜くことが、まず何より大切です。

【上手い人のアドレス】
ゆるゆるグリップでアドレスの段階からヘッドの重みを感じる。これがバンカーショット成功への第一条件。

【下手な人のアドレス】
バンカーでは地面にソールできないこともあって余計強く握ってしまいがち。「ギュッ」と握ったグリップだと、ヘッドが走らないので成功する確率が激減する。